印刷で一番難しいのは、プロでも難しい色味

これは仕上がってみないと誰もわかりません。

 

なので、印刷物の上がったものを見て

初めて安心できるものです。

 

その色味の工程作業で一番、

重要となってくるのは

Photoshopの色調整です。

 

色調整の際によくやりがちなのが

色を足していくことです。

基本的には色をのせていくのではなく

引いていきながら調整すると

うまくいくと思います。

 

その時に引き算するのが印刷の色の

C、M、Y、K、の中のC(シアン)です。

Kも同じくです。

例えば、白に近い色部分に

C(シアン)とK(ブラック)を意識すると良いです。

白い部分はM(マゼンタ)とY(イエロー)にして

印刷のカラーチャートを見本にされてください。

 

10月から「伝わる広告の作り方教室」が開講になります!

お申込みはRKKカルチャーセンターまで

RKKカルチャーセンターにて「伝わる広告の作り方教室」毎月第2木曜日に開催されます!

『オンライン広告の作り方教室』随時受付中!

http://sasasatoko.com/lecture

Follow me!