これは見せ方見え方で

かなり変わってくると思います。

特に値段や商品内容など

分かりづらくなってたりすると

逆に商品イメージや

お店の雰囲気などが

かえって不信感を抱かせてしまいます。

 

それは地元の

交通機関で思ったこと

バスの「〇〇行き」が

熊本は例えば「子1」とか

「え??これどこ行くの?子って何?」

と、とっても分かりづらいし、

遠出するバスのチケットの往復は

有効期限が10日間で切れるとか、

(片道だけ使って有効期限知らなかったら

ただの紙切れになるやん…と)

JRのホームの行き先が同じところなのに

3箇所くらい乗り場があって

時間帯で変わるとか

ホントに地元の人でも

分かりづらい観光客も多いのに…。外人観光客も。

ここに不愉快な気持ちになること

多いと思います。

 

これって、

他人目線でなくて

作り手の目線になっています。

私はデザイナーでもあるので

とっても気になるし

疑問に思うことが多々あります。

 

観光客の人にも来てもらって

お金を落として行ってもらう。

そして分かりやすい街づくりにして

また来たいと思って欲しいですよね。

 

あなたの商品メニューや商品内容など

自分よがりの分かりづらい

仕組みになっていませんか?

もう一度、見直してみましょう。

 

 

 

 

Follow me!