子供って中学、高校と大きくなっても

やはり中身は子供で親がしっかりと見守ってあげなくては

と思うことがあります。

それは、中学校部活で思ったことですが…。

結構、日本人に多いのがみんな何も言わないからそうする。とか

みんなこっちの意見が多いから合わせる。とか多いのではないでしょうか?

そこで、中学部活の話ですが、

今の部活は昔と違って、外部コーチがいて

この外部コーチが権力を持って強い。こと良く耳にします。

そして、保護者から見るこの指導の仕方はおかしい。とか

ここまでやる必要ない。と思うことがあったとしても

子供ってこれが普通なんだ。と思うもの。

保護者でも波風立てなくて穏便にと思うことは多々あると思います。

しかし、良く聞くのが子供が怪我をしたとか

一番びっくりしたのが車椅子生活になった人がいたとか…。

聞いたことがあります。

これは実際、私の目の前であったことですが

昼食を取らず試合後に今日の反省を立ったまま述べて

そのまま後ろに倒れた子がいて救急車で運ばれて…。

大変なことが起きました。

そこで他の子も座らせると思ったのですが、先生もそのまま何も言わず

また立ったまま一人ずつ今日の反省を発表させ続けていました…。

倒れた子は頭を強く打っていなかったから、良かったのですが

果たしてそれで良いと言えるのか疑問が心の中で…、

私も部活の会長であったものの、何も言えず…。

保護者の方は少なくとも指導が行き過ぎると思っていたと思うし

それがうちの子ではないから良かったとか…。

そんな問題ではないと思うのですが、親として強くなって

子供を見守ってあげなければいけないと思うことでした。

部活のあり方には本当に疑問を感じ外部コーチの指導を

評価する人が必要だと感じました。

Follow me!