小学校の演奏会で先生が

一人一人の担当する楽器を勝手に決めたことがありました。

本人の希望は一切無視してほぼ強引にでした。

(その時の曲は「ハンガリー舞曲第5番」)

 

そこで、私が担当したのはなんとびっくり

一度も弾いたことがない「ピ・ア・ノ!」でした。

これは私にとってかなり一大事なことで

ピアノ担当者は習い事がピアノの子と思っていたので

かなり重要なポジションを与えられたと

もう、その日から憂鬱でどうにかして違う楽器に変えてくれないか…と

考えて考えて考えました。

 

そこで、先生に「ピアノなんて弾けないので変えて下さい。」と

お願いしても結局、聞き入れてもらえず

(ピアノに任命されたのは実はもう一人いて私との二人組)

結局、毎日もう一人のピアノ担当の子と毎日練習しました。

 

実は、私は今まで演奏会で担当していたのは

他にも同じ楽器を弾く人が数人いる

鍵盤ハーモニカ(ピアニカもしくはメロディオン)で

私は楽器の演奏は苦手で結構、弾いてるふりをしていました。

間違えると目立つので(笑)。

周りの音楽のスピードについていけず

指が追い付かなかったのが理由ですが…。

 

そんな私がピアノ担当でそれもうちらの二人だけで

もう逃げ場所がないので、ひたすら練習しかなくて、

猛練習で、っで結果どうなったかというと

事なきを終え特にミスもなく無事に終わったのでした。

これは、終わった後だから思えることですが

結果、「いい経験ができた!」の気持ちがいっぱいで

達成感があって練習すれば何でも出来るようになる!でした

 

その時の先生に

「中々こんなピアノを弾くことなんてできない。

いい経験をさせてもらった。」と

今でも奥深く心に残っています。

 

だから、意外にやったことがない

自分の苦手な事もやってみたらあれ?できる!ということ

があると思いますよ!是非、そんな時は逃げずにトライしてみて下さい。

 

★DTPパソコン教室!【ソフト:イラストレーター・Photoshop】 ※企業様、個人でお店をしている方(マンツーマンのオンライン授業)

【2018.7月月(オンライン授業)の開催日】
①7/5(木)15時〜
②7/14(土)17時〜
③7/19(木)15時〜
④7/26月(木)15時〜

詳しくはこちらより

Follow me!