私がいたデザイン事務所に入ったころは

コピーライター男性が3人いて、

一人はかなり年配な方で口数が少ない人、

もう一人は若い人でいつも黒ズボンに赤いシャツしか着なくて

しかも、かなり危ない人らしくて男性でも2人でいると危険らしく

気づいたら知らない部屋に二人きり?とかあると…。聞いたことがあります。

だから、絶対2人にならないように…と

でも、結局お二方は私が入ってしばらくすると、辞めていかれました。

 

そして、コピーライター1人に

デザイナーが男女合わせて7~8人で、私を含めて女性が2人が後で3人に。

結構、みんな仲が良くて和気あいあいでした。

 

で、コピーライターの人から文字原稿と

文字データをもらって、それで作っていくんですが

コピーライターの人はいつも「じゃっ!お先に~!」て言って

帰っていくんです。コピーライターもイメージがあるので

デザイナーが作業しているときに、色々自分のイメージを伝えに

作業の進行を邪魔しにくるんです(←私からしたらですが(笑))…。

っで、私はいつも終電ギリギリで…というか作業が遅いからもありますが‥。

なので、文章考えて打つのも大変だけれど

いつも早く帰れていいなぁ~なんて勝手に思っていました。

PCさえあればどこでもコピーかけるしね~と!

 

そんなある日、キャンペーン広告で

買って「ハワイ旅行を当てよう!+お年玉付き」の広告の打合せで

女性がフラダンス踊っている絵柄に

キャッチコピーも一緒に「抜けた感じで考えて。」と言われ

事務所に戻ってコピーライターの人にそのまんま伝えると

すごい考えてる~考えてる~と

すごく重圧なプレッシャーがのしかかってるようで

見ていると可哀相な感じで…。デザイナーで良かったなぁ~って

思ったのでした。

 

私にはそんなキャッチコピーなんて一生考えつかないし。(笑)

デザイナーは体力勝負のところがありますが

私はそこらへんは得意分野なので

でも、身体は大事にしないといけない年齢です。

 

10月から「伝わる広告の作り方教室」が開講になります!

お申込みはRKKカルチャーセンターまで

RKKカルチャーセンターにて「伝わる広告の作り方教室」毎月第2木曜日に開催されます!

『オンライン広告の作り方教室』随時受付中!

http://sasasatoko.com/lecture

Follow me!