商品の撮影をする当日、カメラマンを始め

色んな人がその日に合わせて予定を立ててスタンバイ。

そして、いざ撮影する商品を開けると

2個用の桐箱だったはずが…。2個用のはずが…。1個用の桐箱しか…。

入っていなかったらしいです。

世にも恐ろしい話で血の気が引きそうです。

っと、これは後で聞いた話ですが…。

こんなピンチの時にどう対応するかが肝心ですよね。

もちろん、クライアントの方もいらっしゃる。

メロンは確か撮影なのでいくつかあって、2個入り用の桐箱がない状態。

1個用の桐箱がいくつかあって、ある人は桐箱を切ってつなげよう。とか

話をして確か本気で切ろうとしていたらしいです。

っで、それを見かねて、

ある営業の人が「千疋屋で2個入りのメロンを買ってきましょう。」と

一番ベストな対応だったと…。

っで、そのメロンは下請けの私に電話がかかってきて

メロンを千疋屋に買いに行きました。

そして私には嬉しいことにそのメロンを持って帰るのでした!

っと、大変な目にあう人がいれば、得する人も出てくるんですね。

まさに私は得した人です。(笑)

こんな時って私だったらどうするんだろう?と気になります。

こんな手違いしたら恐ろしいくて考えたくないですが…。

怖い話です。

——————————————————————————————————-

「伝わる広告の作り方教室」
一緒にセルフマガジンやチラシや冊子など作りませんか?
【日時】
2/27(水)
15:30~17:30 (2時間)

【申込締切日】
2/3(日)まで

【場所】
サウスフラットシェア
(渋谷駅から徒歩8分、神泉駅から徒歩6分)

【定員】
5名

【受講料】
7,000円
※教室で作られた広告物入稿までの赤字添削無料付き!!

詳しくはこちらをクリックされてください。

——————————————————————————————————-

伝わる広告の作り方教室にてサポートもさせていただければと思います。
http://sasasatoko.com/lecture

Follow me!