保育園に通っていたとき、

いつも通らなきゃいけない貨物列車の踏切。

二ヶ所渡れるところがあって

いつも、広い方を通っていたのだけれど

そこの道は以前大きいトラックが迫ってきて

怖い思いをしたので、通らないようにしており

いつも、狭い方の道を通っていました。

 

が、しかしそこでも……。

踏切を渡ろうとした際に

向こうから年配のおじいさんが1人くらいしか通れないのに

強引に入ってきて、明らかにぶつかる!っと思って

左によけて、左足を地面につこうと思ったら

ななな、なんと!!!

地面がなくて!!!ゴツゴツした大きい石ばかりで!

 

そのまま、左側に倒れてしまったのです。

 

そのとき、後に乗っていた私の子供のボニーが

(私の子供をモデルにしたリスのボニー)

自転車から投げ出されて

おでこをゴツゴツしたいわにぶつけておでこから流血!!

そして、その強引に入ってきたおじいさんは立ち止まる!と

思っていたら…。なんと!!!

信じられないことにそのまま逃げるように去って行きました。

その時に、おでこから血が出ていたボニーも

子供ながら立ち去るおじいさんにびっくりしたようで

一瞬泣き止んでじっと見ていました。

その時は「あっ!この怪我は大丈夫!」と私の心のこえが……。

 

そしたら、すぐそばにあった保育園の給食のお兄さんが

気づいて自分の保育園に連れていってくれて

保健婦さんもいらっしゃって

救急車も呼んでくれてもう事なきことが丸おさまって

私は何もしてないまま、されるがままに

呆気にとられて一体何だったんだろう?と。

 

その時に限ってお金も持っておらず

再度、病院に行って診察代を支払いにいくのですが。。。

 

あとで警察の人が家に…。

何だろう?と思ったら今日の事件で少し話を……。と

そのまま状況説明をしていくと

警察の方が言うには、そのおじいさんとぶつかってるのであれば

事件として扱えるけれど、私がよけて自分で倒れた場合は

どうやら事件としては扱えないらしくて…。

しかし、あの事件は一体何だったんだろうと

そこを通るたんびに、もう薄暗かったので

顔より自転車と服の方が印象的で

似たような自転車と服を見ると

あれ違うよね?とキョロキョロ何気に犯人探しをしていました。

 

それから、あそこの踏切を後ろに子供を乗せて

もう自転車では通りたくない場所です。

 

 

Follow me!