小学校から親から与えられた本はお堅い本ばかりで

私にはイマイチ面白い!と思えるものはなかった。

なので、私は本が嫌いなんだな!とばかり思っていた。

 

その一方で姉が好きな本が本棚に並んでいるけれど

私にはやっぱり全くこれのどこが面白いの?と疑問。

そこからも、てっきり本嫌いなんだ!と思っていた。

 

しかし、ある日、司馬遼太郎さんの小説に出会って

その思いはことごとく嬉しくも崩された。

こんな面白いのは、私には初めてでとっても衝撃的で

何より自分が驚いていた。

やはりこれも感性の問題なのだろうか?

私が読んだのは「燃えよ剣」「新鮮組」「竜馬がゆく」

「功名が辻」「梟の城」などなど。

読んでいくとハマってる自分がいて誰でも

一生のうちに一番本を読む時期ってあるのかも!

というくらいその時は読んでいました。

それも、お堅い時代劇で漢字が沢山出てくるのに自分でもとても不思議。

 

なので、子供にこの子は本嫌い!と決めつけず

興味がありそうな色んな人の

色んなジャンルの本を与えると良いかもしれません。

↑これはうちの子供の漫画です!

ワンピースは全巻持っている!

Follow me!