夏休みいつも楽しみにしている

祖父母宅に泊まりに行ったときの話。

このおじいちゃんおばあちゃんの家って

不思議ととっても落ち着く懐かしい場所に

帰ってきた感があるのは私だけ?何だろうか?

朝起きると鳥の声で目が覚めるし

広い畳の部屋はいとこ達と思いっきり走り回れる。

今は建て直されて見ることはできないけれど

実際はどのくらいの広さだったんだろう?

あの時は子供だからとても広く感じたに違いない。

そんなある日、私はいつものように祖父の隣で寝ていた

そしたら、そしたら………。

 

私の足がじいちゃんの首の上に!

ななななんと!クビ……。クビの上に

私の……。私の足が……乗っていたの………でした。

「おじいちゃん、ごめんね。」

さぞかしビックリしたよね。

実は全然覚えてなくて、こっそり私の足をどけて

そのまま、寝ていたらしい。(笑)

何ということだ!

 

 

 

 

 

Follow me!