今日はマニアックなIllustratorでの印刷物の色の話をしたいと思います。

くすんだ色の指定の仕方

例えば緑や青や赤などのくすんだ色を色指定する時に

Illustratorでは、C、M、Y、K  で印刷物の色指定をすると思いますが

例えば、緑のくすんだ色指定をする時は

2パターンあって

①C100%、Y100%、K20%、で黒を混ぜる指定の仕方と

②C100%、Y100%、M20%、でMを混ぜて指定する指定の仕方です。

これを実際に画面上で指定してみると下記のようになります。

①の黒を混ぜる色指定の仕方だと

印刷物の色刷りがくすんだ方に転んでしまうと

くすませた色がさらにくすんだ色になる事があるため黒でなくて

②のC100%、Y100%、M20%、でMを混ぜて指定する指定の仕方を

されると良いと思います。

 

薄い青系の色の場合は下記のような感じです。

 

デザイナーさんでも故意的に黒を混ぜられる場合もありますが

私の場合は黒を極力使用しない仕方で色指定をしています。

参考にされて下さい。

★DTPパソコン教室開催中!
【illustrator・PhotoshopまたはPowerPoint(スキル有)】※出張もしくはオンラインにて

6月いっぱいまで、キャンペー価格で「1時間=3000円」とさせていただきます!

詳しくはこちらを⇒クリック

【2018.5月(オンライン授業)の開催日】
5/12(土)17:00~
5/19(土)17:00~
5/23(水)17:00~
5/26(土)17:00~

Follow me!