昭和世代の我慢や根性が
美徳な時代って
一つのことを成し遂げる!
的なことが
一番すごくて
褒め称えられる!
だったと思います。

実は私の子供時代
それがとても息苦しくて
嫌いでした。
逆に私の姉は
その時代が心地良さそうに
見えてまさに私と真逆。
不思議なもので
兄弟、姉妹って性格って
真逆が多いんですよね。
お互い自分たちの
家系(遺伝子)を残そうと
しているのか?真逆が多いです。
それは、私が絵画教室を
やっていた時にも
そう感じました。

話がそれましたが
妹や弟って上の影響に
とても影響されて
上がやっているから
やる!ということが多くて
そして、私は姉がやってることが
実際合わなくて
やめること多かったです。
まあ、逆もあると思いますが…。
妹、弟の方が素質がある!など。
で、姉が好きだけれど
私に合わなかったのは
バドミントン、習字、勉強
どれも嫌い。
だが、友達の影響で入った
バトン部はとっても楽しかった。

っで、私の場合そんなことから
続かないことが多くて
根性がないとか
飽きっぽいとか言われていました。
で、その呪縛から抜け出せなくて
自分は何故こんなにできないのだろう?
ダメな人間なんだ!と…。
思い込んでいました。
でも、嫌いなので
真剣に頑張ったことがそんなになくない?…(笑)
↑これは大人になって分かりました。
例えば、仕事で国語力は必要だったので
必死に嫌いだけれど
頑張り克服できる…というか
必死に向き合わないといけない状態だったから?
できたこと?と気づく…。

きっとそういうことって
誰でもあると思います。
でも、結果そう分かってても
嫌いなことを
頑張ろうと行動にうつすことが
難しかったりしますよね。
私はそれよりその息苦しい
ところから、離れて自由になりたい!
という気持ちの方が強くて。

姉は自分の好きな
職に就いていますが
自分の好きな職につく方法って
人それぞれだし
その人の進み方なんだと思います。
だから、自分の気持ちを
汲みとって
素直になるのが
一番だと思います。
嫌いなことでも
好きなことから
嫌いなことを攻めていき
克服する方法もありますからね!
私が国語が嫌いなように
それを克服する方法は沢山あります。

なので
その人にしかできない事や
その人にしかできないやり方って
あると思います。

————————————————

下記は全て、税抜価格になります。
●新メニュー
『バナー広告5,000円(税抜)で
お作りします!』
が加わりました!
詳しくはこちらを。

イラスト、チラシなど承ります。

Follow me!