絵と一言で言おうとしても
見せ方は?何に使う?
何の絵を描く?
誰かに贈る絵?などなど
ホントに多種多様で
変わってくると思います。

私が今までの経験から言うと
お客様のお孫さんに
あげたいので…とか
自分の部屋に飾りたいとか
仕事で描く場合とか
仕事でも絵本の絵?なのか
広告に使用する絵とか
ホントに様々です。

そこで、
今年の熊本県立美術館で
開催した二人展は一枚絵や物語の絵だけれども
「ファンタジックな迷路旅行展」という
テーマに沿って描いています。

逆に、
イベントなどのテーマもなく
ただ、朝起きたら浮かんできた
っていう絵を描くのも
良いのだけれど
私の場合は
コンセプトや企画などを
立てて描いた方が
想像力や絵に奥行きや
深みが出てくる!!
っと、
最近になって気づいたことです。
遅すぎるのか?良くわかりませんが…。

根っからの
アーティストタイプというより
アーティストも入っているけれど
商業よりのイラストレーター
かな~と思います。

もともとは、
グラフィックデザイナーであり
絵本作家になりたくて
そこから絵を描くことが
スタートして長いからかもしれません。

お嫁に行ったモモンちゃん。

—————————————————–

下記は全て、税抜価格になります。
●新メニュー
『バナー広告5,000円(税抜)で
お作りします!』
が加わりました!
詳しくはこちらを。

イラスト、チラシなど承ります。

 

Follow me!