展示会での女性の作家に
起こりやすいトラブルの話です。
たまにあるのですが
グループ展のギャラリーであったことを
まずお話しします。

男性のお客様で
一通り見たあとに
女性作家に感想などを話します。
ここまでは普通です。
そしてここからが…。
ずっ~と話しかけられ捕まる…。
そのお客様はギャラリーでは
知られてる人だったりするので
知ってる人は何気に逃げるのだけれど
知らない人は普通に話しをしながら
そのうち…、
お客様が自分のカメラで
作家本人の写真+作品も
撮りたがる人がいるのです。
勿論、私はお断りをしますが
そんなこともあるので気を付けましょう。
っと、ここまではギャラリーの話。

ここから美術館での話になります。
去年、私が熊本県立美術館分館で
二人展をやった時の話です。
展示会ではリスの被り物を被っており
その被り物を被って写真を撮ってあげます!
な企画をたてたのですが
たまたま、一人の時に
いつものように
男性(確か若い)がリスの帽子を被って
それを写真に撮ってあげました。
そこまでは、良かったのだけれど
話ていくうちに少し普通の人と違う
違和感を感じて、
何となく避けて他のお客様と
話をしても後ろを見るとずっといる…。
帰る気配がない…。
きっと女性だったら分かると思います。

そしたら、丁度友達が来たので
友達と二人で帽子は被らせたまま

売店のほうに友達を引っ張って
状況説明をしていたら
二人展の相方のpeeh(ピーさん)が
会場に入っていったので
メールをしてリスの帽子を
取り返してもらいました。
それから、いなくなるまで
友達と違うところで待機をしていたら
今度は違う展示会に行っていたのを発見。

友達は帰って行ったのだけれど
その人が後ろから来ないか
ビクビクしながら帰った…。
と聞きました。
ですので、展示会は一人でではなく
必ず、誰かと組んで開催が安心ですね。

早いもので展示会から
一年と4か月くらい経ちます。
早すぎる!今年はコロナで
皆、時間が止まったような
一年だったのではないでしょうか?

—————————————————-

●Amazonkindle電子書籍絵本
https://sasasatoko.com/u1pf
●絵本読み聞かせ動画
https://www.youtube.com/channel/
UCMLxYwXQLcr1P1hm9G_8Y3g

●ミンネでアマビエ、ポストカード、マトリョーシカなどの雑貨も販売
https://minne.com/@satoko333

————————————————
下記は全て、税抜価格になります。
●新メニュー
『バナー広告5,000円(税抜)で お作りします!』 が
加わりました! 詳しくはこちらを。

⚫︎イラスト、似顔絵、絵本承ります。(絵本はお見積りいたします) 

●チラシ、ミニリーフレット、パンフレットなど
イラストも同時注文できお客様の負担を減らします。
ぜひ、お任せください。

Follow me!