絵本は空想の世界を
いかに表現するか?
絵本を考える時に
まず、想像する方から
始まっている事が多い私ですが…、
絵本の中の空間をどうするか?
例えば、地図や家の中の設計図など
しっかりとそこは設定して
物語の絵を仕上げて行くと
絵に深みが出て
面白さと味わいが引き立ってきます。

そして、教育的絵本や
図鑑的なものなど種類は
様々だと思いますが…。

私は子供の感性でいつまでも
表現できて、そんな感性を持ち続けたいし
楽しい笑える絵本を
作れるように楽しいことを
いつも、探していたいなぁ〜と。
だって、楽しい事考えると
とても毎日幸せで
笑って過ごせそうですよね!
怒ってる人がいたら
その表情を観察して
絵本にいかせたら
きっとそれは物凄く
リアルに伝わりそうです。
怒ってる人には申し訳ないけれど…。(笑)

こちらは「ボニーのぼうけん」絵本より↓

これも、部屋の見取り図を
先に作っています。
大きなイモムシの名前は
いもじいです。

————————————————————

下記は全て、税抜価格になります。
●新メニュー
『バナー広告5,000円(税抜)で お作りします!』 が
加わりました! 詳しくはこちらを。


 

Follow me!