数学は数学でも図形の話です。
そして、
グラフィックデザインの広告でも
文字が入るので
国語力が強いと良い物が作れそう!と
見られがちだと思います。
ですが、グラフィックデザインの
広告の世界は
決まったサイズの空間で
いかに表現するか!が
基本になります。
そんな、空間での
面積の比率で考えた時に
見せ方でどっちにどう分配するか?
を考えます。

そして、リサイズで
同じように見せる時って
やはり面積の比率など
気にして作るので
ちょっとというか
かなり数学的な考えです。
特に企業のロゴを扱うときは
めちゃくちゃ気を遣うのです。
最低サイズの幅などもあったり
これ以上小さいのはNGな場合もあるので、
リサイズの広告の媒体も
簡単そうで大変なのです。

私がデザイン事務所にいたとき
前担当のデザイナーの方から
引き継いだのですが
媒体のサイズごとに
ある特定の企業用に
ロゴマークのサイズを
書いたノートがあって
とっても、助かったのを
覚えています。

結構、代理店からのチェックが
入るほど大事な部分となってくるんです。
そして、その突っ込まれたときに
きちんと、その場で答えれるように
しておかないと信用問題に
つながることもあります。

なので、
意外と思われるかもしれませんが
数学的な考えも必要になるんです。

————————————————-
下記は全て、税抜価格になります。

●新メニュー
『バナー広告5,000円(税抜)で お作りします!』 が
加わりました! 詳しくはこちらを。

●イラスト、似顔絵、絵本承ります。(絵本はお見積りいたします)
  

●チラシ、ミニリーフレット、パンフレットなど
イラストも同時注文できお客様の負担を減らします。
ぜひ、お任せください。

●Amazonkindle電子書籍絵本
https://sasasatoko.com/u1pf
●ミンネでアマビエ、ポストカード、マトリョーシカなどの雑貨も販売
https://minne.com/@satoko333

Follow me!